賞味期限

ドッグフードの適量は犬種で決まる!

現在では公認を元に判断すると実に343種類もいるとされており、この中から自分のワンちゃんを選択していくと思います。
でもワンちゃんを購入するとワクチン代や犬小屋等様々な出費がかさむので、費用をおさえたいと考える方も中にはいると思います。
そして、一番価格をおさえることで注目されているのが、ドッグフードの価格になります。

2015年現在のドッグフードの価格相場はこちらに載っていますが、毎日食べるごはんなので、費用をおさえると家計の負担も大きく減らす事が出来ますよね。
そこで、犬種別でドッグフードの価格をおさえるという対応が人気です。
小型犬の中でも超小型犬であるチワワやポメラニアンを選ぶ事で、毎日与えるドッグフードの量が大幅に減るので、価格も大幅におさえる事が出来るんですね。

犬種でドッグフードの適量が決まるので、負担を減らしたいと思っている方は犬種に拘って選ぶ事が大切です。
超小型犬だとお皿の3分の1の良ぐらいで済むので、ドッグフードに例えると3カ月で1袋なくなる形になります。
量が少なくてすむので、その分栄養価が高い物を選ぶという事もでき、さらに健康に対して効果を出す事が出来るようになっています。

ドッグフードは犬種によって適量が決まっているので、どのくらい食べるのかを考えながらワンちゃんを選ぶといいですよ。